少子化なのに保育所が足りない

少子化なのに保育所が足りない

対処方法について

保育所が足りていない地域に住んでいて、保育所に子供を預けることができない場合には一体どうすれば良いのでしょうか。

基本的に保育所不足というのは認可保育所の問題となっています。そのため、認可外保育所であれば入所できる可能性は高いでしょう。ただし、認可外の場合は国の定める基準を満たしていません。そのため、しっかりと情報を集めて、安心して子供を預けられる保育所を見つけることが大切でしょう。そうしないと子供に何かトラブルが起きてしまうかもしれないからです。

企業内保育所を利用するという方法もあります。企業のビルの中に保育所が設置されているケースがあるのです。その企業に勤めている方が利用できるパターンだけではなくて、地域に解放しているケースもあります。このような保育所の利用も検討してみましょう。

小規模保育を実施している施設もあります。こちらは新しい形態の事業となっています。たとえば空き家となっている一戸建て住宅やマンションの一室などを利用しています。こちらは一般的な認可保育所よりも基準がやさしくなっています。このようなサービスを利用する方法もあるでしょう。

このようにいろいろなタイプの保育所があるため、これらの利用を検討してみると良いでしょう。