少子化なのに保育所が足りない

少子化なのに保育所が足りない

保育所不足の原因

保育所不足が起きています。これによって待機児童問題が生じています。保育所に入所を希望しているのに入れなくて待機している児童がたくさんいるのです。

保育所を増やしたいけれども増えない理由としては保育士不足があります。保育所をどれだけ増やしたとしてもそこで働く人員が不足しているならば、保育所は成立しません。新しく保育所を建てたとしても、子どもを受け入れることができなくなるのです。

保育士が不足している理由は、保育所をどんどん辞めている保育士が多いからです。また、資格を持っていても働いていない保育士がたくさんいます。保育所の待遇や労働環境が悪化しているために敬遠してしまっている保育士が多いのです。

また、保育所を増やす障害となっている原因の1つに周辺地域の問題もあります。そこに住んでいる人達が保育所が新しくできることに反対することがあるのです。保育所ができれば騒音問題が生じたり、交通量が増えてしまう可能性もあります。それまで保育所のない環境で生活をしていた方が文句を言うのです。

このようにいろいろな原因が関わっているのが保育所の問題なのです。保育所の不足の問題を解決するのはなかなか大変なことです。それでも国や地方自治体はさまざまな施策を実施しています。